日帰り温泉@福島トップ

贅沢に日帰り温泉「安達屋」

2b3b1008.JPG

高湯温泉にある共同浴場の目の前にあるのがここで紹介する高湯温泉・安達屋(2度目の紹介)。ロビーに囲炉裏がで〜んと設置されているレトロな温泉宿である。ちょっと薄暗い感じもなかなか良い雰囲気である。

安達屋さんの良さはなんといっても広い混浴露天風呂だろう。女湯から混浴側に入ることが出来る一方通行の混浴露天風呂。とにかくこんなに奥行きのある露天風呂は初めてだ。その中に洞窟風呂もあるし、打たせ湯もあって実に様々な温泉を楽しむことが出来る。しかも源泉をふんだんに使った本格的な温泉である。ひたすら静かに温泉を楽しみたい人には、別にもう一つ露天風呂が用意されている。

秘湯指数: 秘湯度4 女性度:4 清潔度:3 誰にでも勧められる本格的秘湯

ルート: 郡山→福島西IC→フルーツライン→高湯温泉(約45分)
入浴日: 6/8(日) 日帰りプラン(5350円) 部屋休憩食事付き 男女別露天風呂、混浴露天風呂あり
詳しくは・・・次に続く(日帰り温泉詳細版)

二岐温泉・大和館で日帰り温泉

二岐温泉の露天風呂

日本秘湯を守る会会長の宿「大丸あすなろ莊」の隣にあるのが二岐温泉「大和館」。駐車場の看板に「秘湯」発祥の宿「大和館」とある。これを見たら行かなきゃ、男が廃るってもの(笑)。なんでも「秘湯」という造語を創ったのが先代のご主人だとか。で、秘湯の会に入っていないのだから興味津々だったりして(笑)。

この温泉・・ずばり野趣溢れる露天風呂が魅力。二岐川の渓流沿いに素朴な佇まいは魅力的です。掛け流しされた温泉は川に流されるのは贅沢そのもの。源泉の良さを味わいたい温泉ファンには絶好の温泉だ。ただし、女性には勇気のいる露天風呂でもある。なんたって、川沿いに3つの露天風呂があるのに全部混浴。しかも、言い訳程度の簾がかかっているだけでほぼ丸見え状態(笑)。秘湯らしいのは認めるけど・・もうすこし女性客を意識しても良いのでは? 私には快適だったが・・(^^;)

秘湯指数: 秘湯度4 女性度:1 清潔度:2 日帰り温泉なら・・

ルート: 郡山→須賀川→二岐温泉(40分程度)
入浴日: 5/25(日) 入浴500円 男女別内湯、混浴露天風呂3
続きを読む

鷲倉温泉 春の日帰り温泉旅

秘湯の宿・鷲倉温泉

冬の間は雪が深く秘湯巡りには適さない東北の温泉でしたが、いよいよ再開です。

再開した日帰り温泉旅の第一弾に選んだのは鷲倉温泉! 数ある福島の秘湯の中でも個性有る二つの源泉を持つ温泉宿です。福島市郊外の土湯峠温泉エリアにあるので(良い温泉が並んでいる)日帰り温泉には最適なエリア。春とはいえまだ雪の残る東北の温泉はひんやりした空気と温泉が快適でした。土湯峠にある温泉の中でも個性有る源泉が揃う鷲倉温泉・・・秘湯ファンなら堪りません。

秘湯指数: 秘湯度5 女性度:3 清潔度:4 日帰り温泉客も多い

ルート: 郡山→岳温泉→国道115号線→土湯峠温泉 約50分
入浴日: 4/20(日) 入浴500円 男女別露天風呂あり
日帰り温泉・立ち寄り湯・・・続く

スキー+日帰り温泉=福島の日常

日帰り温泉とスキーをセットで楽しむ

スキー場で日帰り温泉(ビラ猪苗代)

温泉と雪景色はよく似合う・・のはあたりまえとして、福島県のもう一つの楽しみは、雪と言えばやはりスキーでしょう!! 郡山から1時間程度の距離に多くのスキー場があるので、日帰り温泉のついでにスキーをするか、スキーの帰りに立ち寄り湯で温泉を楽しむか・・考え方は様々でもスキーの疲れはその日の内に解消したいもの。ということは、スキーに温泉はつきもの・・まっ当然と言えば当然の話でもあります。

その温泉とスキーの旅・・新年早々から行ってまいりました。・・実は、「だからブログにまとめるのが出来なかった」というくらい数年ぶりのスキーを楽しんでしまったのでありました。 写真は、箕輪スキー場の直ぐお隣にあるマウント磐梯の玄関。スキー場のお隣にあるので立ち寄り湯に最適の宿・・温泉にはやはり雪がお似合いの様です。ではでは、正月のスキーと温泉をまとめてご案内!!


日帰り温泉とスキーの旅・・続きを読む

湯野上温泉の日帰り温泉(館の湯)

湯野上温泉 温泉民宿「館乃湯」


湯野上温泉の丸見え露天風呂

郡山から1時間圏内の温泉の一つ、湯野上温泉も日帰り温泉に最適な温泉の一つである。湯量が豊富でサラッとした実にキレイな温泉と大川の渓谷の景色が売りの秘湯だ。そしてもう一つの売りが河原の露天風呂。写真では良く見えないかもしれないが吊り橋から丸見えのオープンな露天風呂だ。これぞ秘湯である(笑)。

その吊り橋の渡口にあるのが今日紹介する温泉民宿「館乃湯」だ。玄関は決して誉められた造りとは言えないが温泉、特に露天風呂は手入れのされた木々と岩造りの温泉がマッチしてとっても快適だ。サラッとした湯野上の温泉に似合う素朴な宿である。

日帰り温泉指数: 気楽度3 女性度:4 近さ:3 ちょっと散策ついでに

ルート: 郡山→須賀川→二岐温泉→湯野上温泉(約50分)
入浴日: 5/25(日) 入浴500円 男女別(内湯+露天風呂)

日帰り温泉旅・・・続き?!

日帰り温泉最適 野地温泉ホテル

秘湯で日帰り温泉なら野地温泉ホテル

大型の露天風呂が快適

福島県は日本秘湯を守る会会長の宿があるためか数多くの秘湯の湯があります。その中でも良質の秘湯が揃っているのが福島市郊外の土湯峠周辺です。しかも殆どが日帰り温泉を楽しめる・・ということで紹介しましょう。

冬に入り遠方に行くのも大変になってきたので福島県内の秘湯巡りをもう一度・・ということで二度目三度目になるかもしれない秘湯を紹介します。最初に紹介するのは国道115号線から一番近くにある野地温泉ホテル。秘湯ムードが素晴らしいのに日帰り温泉としても充実していますよ〜。

日帰り指数: 気楽度5 女性度:4 近さ:3 ドライブしながらどうぞ

ルート: 郡山→グリーンライン→箕輪スキー場→野地温泉ホテル
入浴日: 12/9(日) 入浴800円 午後1時で男女入れ替えあり


続きを読む

炭酸泉で日帰り温泉「清兵衛温泉」

西会津の無名の秘湯温泉「清兵衛温泉」の炭酸泉

ルート:郡山→東北道+磐越道→西会津IC→R49 90分(車)
入浴日: 10/21(日) 無料ただし蕎麦代有償(当然か?(笑))
お勧め指数: 気楽度:2 女性お勧め度:3 近さ:3 お勧め: 知る人ぞ知る・・

秘湯という定義によるのではありますが、清兵衛温泉・・これぞ「秘湯」かも(笑)。

知る人ぞ知る、知らない人は多分気づかないだろう・・という秘湯の温泉「清兵衛温泉」を紹介しましょう。なんのことはない、実は私も最近まで知らなかったのでした(笑)。

場所は、福島県西会津ICから40号線を新潟方面へ数分、失礼ながら、なんの変哲もないドライブイン(の様な蕎麦屋さん)の一角にある温泉が実は凄い秘湯の湯なのです。もちろん日帰り温泉もOKです。

秘湯とは思えない「吉澤屋」

清兵衛温泉?! 蕎麦屋さん?!

どうです? どうみても「ただのドライブイン」でしょ?! こういっては申し訳ないのですが「え? 営業しているのかな?!」という感じです。でも、10時という時間にもかかわらず事前の電話で快く入浴の了解をいただいているし・・・。で、店内に入ってレジで話を聞くと、温泉の鍵を渡していただきました。料金は無料、そしてなんと「貸し切り」ですよ〜(笑)。

入り口も秘湯?! 清兵衛温泉のエントランス

清兵衛温泉は貸し切り専用

吉澤屋さんの物置の奥を入ったところにあるのが清兵衛温泉です。庭というより既に秘湯の様なうっそうとした自然の庭を入ったところが写真の入り口です。


圧倒される清兵衛温泉の湯量

流れ出る炭酸泉 清兵衛温泉

浴槽の入り口から見ただけで圧倒されるのは蕩々と流れ出る温泉の湯量です。手桶が流される勢いの温泉が浴槽から流れ出しているのですから贅沢そのもの。しかも、これを無料で独占できるなんて・・・(?_?)。都会ではあり得ないことです(感涙)。田舎暮らし万歳!! という話ではなくて温泉の話でした(笑)。

右の窓辺から見えているのは阿賀川で、景色も申し分なし。多少、手入れが不十分ではありますが個人が無償で解放しているのですから文句を付けるのは筋違いってもんでしょう。

そして、この温泉がまた凄い。プチプチシャワシャワの炭酸泉です。細かい泡が腕について泡毛と化しています。37〜38度くらいの湯温でしょうか。少々温め。首までお湯に浸かると「はじける泡が目にかかります」。これぞ秘湯の湯です。色は無色透明とのことですが、うっすらと黄緑色の濁りがあるような感じ。ご主人の話では「新潟の地震で源泉に水が入ってぬるくなっている」とのことでした。

窓からの景色を見ながら蕎麦をいただく至福の時

阿賀野川を見下ろす雄大な景色

紅葉にはちょっと早い時期ではありましたが、窓辺からの景色は最高です。その景色を見ながら、天ざるとニシン蕎麦をいただきました。少々高めの値段とも思いましたが、ニシン蕎麦なんて「すり鉢の様なドンブリ」に入ってくるので実に豪快。そして、味は繊細・・そんな蕎麦でした。国道の反対側には線路があって季節によって土日はSLが走るとのことです。温泉と蕎麦とSLを一緒に楽しめる清兵衛温泉。無料ではありますが、福島県の秘湯として「推薦」させていだきますm(_ _)m。

秘湯情報: 福島県西会津 清兵衛温泉
住所: 福島県耶麻郡西会津町野沢字道下乙112-5
電話: 0241-45-4000(社長直通電話) 事前に電話されることをお勧めします
清兵衛温泉のホームページはこちらが参考になります

木賊温泉(とくさ温泉) 井筒屋

木賊温泉で日帰り入浴 旅館井筒屋(日本秘湯を守る会会員)

福島県内にある日本秘湯を守る会会員の宿のなかで、立ち寄り湯を体験していない宿は残りわずか。ゴールデンウィークを利用して、その数少ない未体験の木賊温泉で日帰り温泉を楽しんできましたので早速ご報告を。

郡山から木賊温泉へ行くのはなかなか大変。郡山から国道118号線に入り、121号線を経て田島町へ、そしてドライブすることトータルで2時間半ほど・・ようやく到着です。実は、木賊温泉のほど近く(10km程?)に湯の花温泉という、共同浴場が幾つもある温泉があり、今回は秘湯の日帰り温泉連チャン旅だったというわけです。

この木賊温泉ですが結論から言えば、ズバリ「絶対に行くべき」。共同浴場もあるので立ち寄り湯や日帰り温泉には絶好の秘湯です。

木賊温泉・井筒屋さんの玄関(木蓮の花が見事)

木賊温泉「井筒屋」

写真が木賊温泉で日本秘湯を守る会会員の宿・井筒屋さんです。近くには有名な河原の共同浴場があり両方ともに日帰り温泉・立ち寄り湯を楽しむことが出来ます。井筒屋さんを訪れたとき、女湯を清掃中だったのですが女将さんのご厚意で、男湯を「貸し切り」状態にして女房と混浴させていただきました。

秘湯に相応しい木賊温泉・井筒屋さんの温泉

木賊温泉の透明な硫黄泉

岩盤からしみ出す様に湧き出る温泉がとっても良い感じです。窓の外は直ぐに河原なので川のせせらぎの音に竹筒から流れ出る温泉のしたたる音・・・誰でも癒されます。岩盤から直接わき出す感じもすごいでしょ? そして、無色透明なのに硫黄の臭いがして、口に含むと「酸っぱい味」がします。でも酸性では無い・・とっても不思議な感じの温泉です。ちょっとスベスベする感じもあって温泉の良さを全部持っている様な温泉とでも言えば良いのでしょうか。秘湯好きなら一度は絶対行くべし!! です。

あまりに有名な河原の共同浴場

木賊温泉の川沿いの共同浴場

そして、これが有名な共同浴場です。混浴なので女性が入浴するには抵抗があるかもしれませんが井筒屋さんから直ぐ近くの河原に設置されているこの共同浴場がこれまた良いのです。まずその大きな岩に圧倒されます。どうやら温泉は、岩の底の方からわき出すようで、底の方から小さな泡がプカプカと上がってきます。・・・これぞ立ち寄り湯の醍醐味という感じです (^_^)/。

共同浴場から見る井筒屋

共同浴場から井筒屋を望む

共同浴場から見た井筒屋さんの雰囲気も良いですね〜。川沿いに建っている昔ながらの温泉宿、木賊温泉にとっても感激した一日でした。河原では何人もの釣り客が釣りをしている姿を見ることも出来ます。山桜と川の流れと温泉と・・・これぞ日本の温泉の良さではないでしょうか。


温泉情報: 福島県木賊温泉 旅館井筒屋
住所: 〒967-0345 福島県南会津郡南会津町宮里字湯坂1988
電話: 電話: 0241-78-2452
木賊温泉(とくさ)井筒屋のホームページはこちらからどうぞ

安達太良山の登山口で日帰り温泉

気軽に立ち寄り湯の安達太良温泉


ルート:郡山→国道4号線→40分(車)
入浴日: 8/26(日) 日帰り温泉(300円) 男女別内湯

安達太良温泉と言えば、一度2月に訪ねた時のことを思い出します。雪の少なかった冬だったのに、その日は何故か大雪。しかも吹雪。道路の端も見えないくらいの大雪の中を「雪の中の日帰り温泉もおつなもの」と信じてはるばる安達太良温泉に行ったのです。そしたら、なんと「改装中」(涙)。仕方なく、近くの花季で蕎麦を食べて別の温泉へ向かったのでありました。。。ま、蕎麦は美味かったのでそれはそれで良かったのではありました。m(_ _)m

外観は普通の一軒宿の安達太良温泉

安達太良温泉の玄関口

外観はなんの変哲もない普通の宿。改装が終わってどうなっているか、一度「振られている」だけに期待が高まります。

宿の前を流れる湧水が良い

道沿いを流れる水路(キレイな水)

宿の前には湧水が流れていてビールなどを冷やしています。キレイな水の流れ、水の音・・そして蝉の声が夏らしさの中に涼しさを感じさせてくれます。水を汲んでいる人が居たのできっと飲めるのでしょう。

窓の外を川が流れる温泉に立ち寄り湯

安達太良温泉

これが安達太良温泉の浴槽です。なんといっても温泉の外は直ぐに川。自然のままの景色とせせらぎの音のハーモニーが快適です。温泉は単純泉なのでしょうか、無色透明な温泉です。石造りの浴槽も清潔で、とってもキレイな温泉です。

私的には、濁り湯の様な個性的な温泉が秘湯らしくて好きなのですが、安達太良登山口の一軒宿「安達太良温泉」・・・岳温泉とは違った雰囲気と温泉を楽しめるので日帰り温泉に向いています。なお、近くにはオートキャンプ場などもあるので家族連れに最適です。

温泉情報: 松川屋那須高原ホテル
住所: 福島県安達郡大玉村玉ノ井字前ケ岳9
電話: Tel.0243-48-2134
日帰り温泉指数: 気楽度:4 女性お勧め度:3 清潔度:3 お勧め: 家族連れでお気軽に
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岳温泉

高湯温泉「玉子湯」で日帰り温泉

高湯温泉の秘湯「玉子湯」で立ち寄り湯を楽しむ


ルート:郡山→東北自動車道→福島→フルーツライン→高湯温泉
入浴日: 8/5(日) 日帰り温泉+部屋休憩(1,650円) 男女別露天風呂

久しぷりに日帰り温泉に行ってきましたが、海外も良いけど日本の温泉もやはり良いものです(^_^)/。更新再開に際して最初に選んだのは福島市郊外にある高湯温泉。この温泉には、「吾妻屋」、「ひげの家」という「日本秘湯を守る会」会員の他にもテレビなどの秘湯や温泉紹介番組で紹介されることが多い「安達屋」など、があり秘湯の宝庫であり、また福島市の近くにあるので立ち寄り湯や日帰り温泉に最適な温泉地です。福島西ICから車で20分程の距離にある「乳白色の濁り湯」を特徴とする恵まれた源泉の温泉でもあります。

秘湯+温泉遺産=玉子湯・・日帰り温泉に絶好

温泉遺跡に選ばれた玉子湯

これは玉子湯の旅館入り口という訳ではありません。温泉遺産として認定されている旅館内の温泉「玉子湯」の茅葺きの建物です。中は、男女別の「外湯」になっていて、乳白色に濁った温泉が数人で一杯になるほどの桧造りの湯船に満たされています。窓から見える新緑、とうとうの流れ込む湯音、そして漂う硫黄の臭い・・秘湯と癒しに必要なものは全部揃っていると言えるのではないでしょうか。源泉が近いせいか、少々熱いのが欠点かも(^^;)。 玉子湯に立ち寄り湯に来たらまずはこの温泉に入ることをお勧めします。

秘湯の元・玉子湯の源泉?!

玉子湯の源泉 硫黄が臭う

この写真は、玉子湯の直ぐ横にある玉子湯と刻まれた大きな岩と源泉を撮ったモノです。写真では良く見えませんが、屋根の掛かった源泉の湯溜まりは硫黄が析出しているのが分かります。漂う硫黄臭はここから?!

野天岩風呂「天渓の湯」「天翔の湯」で日帰り温泉

玉子湯の露天風呂

昔ながらの茅葺きの玉子湯の前の道を降りていくと「野天岩風呂」があります。男女別に「天渓の湯」「天翔の湯」に別れていて時間によって入れ替えになっている様です(間違えて入っている人がいましたので・・(笑))。玉子湯と同じ乳白色の温泉ですが、野天風呂に相応しく開放感抜群です。夏の日差しが降り注ぐ開放的な岩作りの温泉が緑に囲まれている・・そんな感じでしょうか。浴槽の脇に水がわき出しているので湯上がりに足に水を掛けると快適です。酸性の乳白色の温泉で火照った体を水で冷やすのも良いのではないでしょうか。

最後は内湯で仕上げの立ち寄り湯

玉子湯の内湯

秘湯の良さは自然や歴史を感じながら天然の温泉を楽しむこと。秘湯の欠点は、時に秘湯故に自然を守るため石鹸やシャンプーが使えないことかもしれません。だったら内湯へどうぞ・・と用意したのかどうかは定かではありませんが、この玉子湯旅館には内湯も用意されています。それも本格的なものです。浴槽に満たされた温泉は、外湯や野天風呂と同じ秘湯の源泉でありながら、新しい洗い場が備わっています。温泉の温度もコントロールされているのか、熱い温泉が苦手な方には外湯より快適かもしれません。

秘湯を守る会会員ではありませんが、温泉遺産の会に選ばれている歴史ある玉子湯旅館。温泉の雑誌などで「日帰り不可」と記載されたものも見掛けたのですが、日帰り入浴もOKです。部屋休憩をすると1650円と少々高めの設定ではありますが、外湯、野天風呂、内湯の他にも足湯がありますし、女性専用の露天風呂もありますのでここは部屋休憩は如何でしょうか。食事も取れます(お膳2100円、蕎麦850円など)のでゆったりに温泉を楽しみたいものです。洗い場や洗面所も充実している内湯もあるし、女性用浴槽が多いので女性に嬉しい秘湯の宿です。

温泉情報: 高湯温泉「玉子湯」
住所: 960-2261 福島県福島市町庭坂字高湯7
電話: TEL(024)591-1171(代)/FAX(024)591-4629
お勧め指数: 気楽度:4 女性お勧め度:4 清潔度:4 お勧め: 濁り湯好きに
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高湯温泉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。