日帰り温泉@福島トップ > 二岐温泉、岩瀬湯本 > 二岐温泉・大和館で日帰り温泉

二岐温泉・大和館で日帰り温泉

二岐温泉の露天風呂

日本秘湯を守る会会長の宿「大丸あすなろ莊」の隣にあるのが二岐温泉「大和館」。駐車場の看板に「秘湯」発祥の宿「大和館」とある。これを見たら行かなきゃ、男が廃るってもの(笑)。なんでも「秘湯」という造語を創ったのが先代のご主人だとか。で、秘湯の会に入っていないのだから興味津々だったりして(笑)。

この温泉・・ずばり野趣溢れる露天風呂が魅力。二岐川の渓流沿いに素朴な佇まいは魅力的です。掛け流しされた温泉は川に流されるのは贅沢そのもの。源泉の良さを味わいたい温泉ファンには絶好の温泉だ。ただし、女性には勇気のいる露天風呂でもある。なんたって、川沿いに3つの露天風呂があるのに全部混浴。しかも、言い訳程度の簾がかかっているだけでほぼ丸見え状態(笑)。秘湯らしいのは認めるけど・・もうすこし女性客を意識しても良いのでは? 私には快適だったが・・(^^;)

秘湯指数: 秘湯度4 女性度:1 清潔度:2 日帰り温泉なら・・

ルート: 郡山→須賀川→二岐温泉(40分程度)
入浴日: 5/25(日) 入浴500円 男女別内湯、混浴露天風呂3

ちょっと思い立って二岐温泉へ。郡山から30分程度で行ける山間の温泉なのでちょっとドライブがてらに日帰り温泉を楽しむには最適の温泉だ。

二岐温泉「大和館」の露天風呂

自然の中の露天風呂で日帰り温泉

二岐温泉にはいくつかの温泉があり、何度も日帰り温泉を楽しんでいる。一番有名なのは「日本秘湯を守る会」会長の宿である大丸あすなろ莊だろう。施設もキレイで温泉の種類も豊富なので誰にでもお勧めできる秘湯でもある。でも、その直ぐ隣(奥)にあるのがこの「大和館」なのだ。おまけに駐車場の看板に「秘湯」発祥の温泉宿・・と書いてあるのが如何にも疑わしい・・・ということで今まで入ったことが無かったのだ。

遠くから来る方にはお勧めできないが、日帰り温泉の強みは近いこと。失敗したら出直せばよいのだ。ということで、こわごわ入ってみた温泉だったが、この露天風呂は開放感が最高だ。二岐川沿いに佇む露天風呂。裸になって入る温泉は自然の中に包まれているかのようである。せせらぎの音と鳥の鳴き声、そして流れ込む源泉の音・・そんな中に浸ること、まさに至福の時である。まっ、脱衣所も無いのだから女性が入浴するには勇気が必要だ。まっ、そんなに人も居ないので「えいやっ!!」と飛び込めば大丈夫・・多分(笑)。


二岐川の渓流

二岐温泉のを流れるせせらぎ

上の露天風呂は二岐川にかかる橋の向側にあるのだが、手前側には別に二つの露天風呂が用意されている。そちらには申し訳程度の簾がかかっているので多少は女性も安心できるかもしれない。まさに秘湯らしい温泉であるが、好みの別れるだろう。施設重視派には許せないかもしれない。日帰り温泉はいつも同じ温泉に入ることが楽しい訳ではない。たまには、変化を楽しむことも必要だ。そんな時に一度お試しあれ(笑)

秘湯情報: 二岐温泉「大和館」
住所: 福島県岩瀬郡天栄村湯本二岐温泉
電話:  0248-84-2021
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大和館
Excerpt: 「秘湯」と呼ぶに相応しい山奥にある温泉地で、都会の喧騒を忘れて身体を癒すことができます。渓谷沿いに数軒の宿があり、露天風呂からは四季折々の美しい景色を眺めることができます。開湯は1000年以上も前とい..
Weblog: 温泉生活
Tracked: 2008-06-04 12:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。