日帰り温泉@福島トップ > 福島県 会津エリア > 炭酸泉で日帰り温泉「清兵衛温泉」

炭酸泉で日帰り温泉「清兵衛温泉」

西会津の無名の秘湯温泉「清兵衛温泉」の炭酸泉

ルート:郡山→東北道+磐越道→西会津IC→R49 90分(車)
入浴日: 10/21(日) 無料ただし蕎麦代有償(当然か?(笑))
お勧め指数: 気楽度:2 女性お勧め度:3 近さ:3 お勧め: 知る人ぞ知る・・

秘湯という定義によるのではありますが、清兵衛温泉・・これぞ「秘湯」かも(笑)。

知る人ぞ知る、知らない人は多分気づかないだろう・・という秘湯の温泉「清兵衛温泉」を紹介しましょう。なんのことはない、実は私も最近まで知らなかったのでした(笑)。

場所は、福島県西会津ICから40号線を新潟方面へ数分、失礼ながら、なんの変哲もないドライブイン(の様な蕎麦屋さん)の一角にある温泉が実は凄い秘湯の湯なのです。もちろん日帰り温泉もOKです。

秘湯とは思えない「吉澤屋」

清兵衛温泉?! 蕎麦屋さん?!

どうです? どうみても「ただのドライブイン」でしょ?! こういっては申し訳ないのですが「え? 営業しているのかな?!」という感じです。でも、10時という時間にもかかわらず事前の電話で快く入浴の了解をいただいているし・・・。で、店内に入ってレジで話を聞くと、温泉の鍵を渡していただきました。料金は無料、そしてなんと「貸し切り」ですよ〜(笑)。

入り口も秘湯?! 清兵衛温泉のエントランス

清兵衛温泉は貸し切り専用

吉澤屋さんの物置の奥を入ったところにあるのが清兵衛温泉です。庭というより既に秘湯の様なうっそうとした自然の庭を入ったところが写真の入り口です。


圧倒される清兵衛温泉の湯量

流れ出る炭酸泉 清兵衛温泉

浴槽の入り口から見ただけで圧倒されるのは蕩々と流れ出る温泉の湯量です。手桶が流される勢いの温泉が浴槽から流れ出しているのですから贅沢そのもの。しかも、これを無料で独占できるなんて・・・(?_?)。都会ではあり得ないことです(感涙)。田舎暮らし万歳!! という話ではなくて温泉の話でした(笑)。

右の窓辺から見えているのは阿賀川で、景色も申し分なし。多少、手入れが不十分ではありますが個人が無償で解放しているのですから文句を付けるのは筋違いってもんでしょう。

そして、この温泉がまた凄い。プチプチシャワシャワの炭酸泉です。細かい泡が腕について泡毛と化しています。37〜38度くらいの湯温でしょうか。少々温め。首までお湯に浸かると「はじける泡が目にかかります」。これぞ秘湯の湯です。色は無色透明とのことですが、うっすらと黄緑色の濁りがあるような感じ。ご主人の話では「新潟の地震で源泉に水が入ってぬるくなっている」とのことでした。

窓からの景色を見ながら蕎麦をいただく至福の時

阿賀野川を見下ろす雄大な景色

紅葉にはちょっと早い時期ではありましたが、窓辺からの景色は最高です。その景色を見ながら、天ざるとニシン蕎麦をいただきました。少々高めの値段とも思いましたが、ニシン蕎麦なんて「すり鉢の様なドンブリ」に入ってくるので実に豪快。そして、味は繊細・・そんな蕎麦でした。国道の反対側には線路があって季節によって土日はSLが走るとのことです。温泉と蕎麦とSLを一緒に楽しめる清兵衛温泉。無料ではありますが、福島県の秘湯として「推薦」させていだきますm(_ _)m。

秘湯情報: 福島県西会津 清兵衛温泉
住所: 福島県耶麻郡西会津町野沢字道下乙112-5
電話: 0241-45-4000(社長直通電話) 事前に電話されることをお勧めします
清兵衛温泉のホームページはこちらが参考になります

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。