日帰り温泉@福島トップ > 磐梯熱海

老舗旅館「一力」で日帰り温泉

磐梯熱海「一力」の日帰り温泉


四季彩り「一力」の玄関。緑の中の雰囲気ある建物  結婚式場の入り口。自然の中での結婚式も良いかもしれません。

磐梯熱海でも手入れの行き届いた庭園が評判の四季彩一力を紹介しましょう。郡山市内から30分ほどの距離で日帰り温泉に最適なのが磐梯熱海温泉。私も何度か利用したことはあるのですが、今回は「温泉と食事」だけの利用です。正直なところ、施設は豪華でも温泉は大型旅館にありがちな普通の温泉かな・・と思ってしました。でも、その実体は・・・(^^;)。

まずは、正面の入り口からして風情のある建物です。駐車場に隣接して結婚式場があるのですが、庭園の中で「四季折々の自然の中での結婚式」に良いかもしれませんね。温泉利用の当日も式の相談をしている3組のカップルが居ましたので評判が良いのかも。

自家源泉のぬる湯が良い!!


「一力」の微温湯。自家源泉の良い温泉です。
写真は微温湯の浴槽を撮影したもの。掛け流しなのは自家源泉だからなのかもしれません。

昼食と温泉のプランには、食事内容によって2000円から選択が出来ます。こういう時にありがちな中間プランの3000円をチョイス。待っている間に抹茶のサービスがあって、ロビーから庭園の眺めを楽しむことが出来ます。そして、温泉へ。温泉は、一番奥にあるので掃除のおばさん達が少々雰囲気を壊すのはまあ、仕方のないところ。肝心の温泉は・・・結論から言うと「良くできました」(^^;)。特に、自家源泉の「微温湯」が良いです。掛け流しの体温程度の温泉は、長く浸かっていられてしかも、時間が経つほどに「ヌル」というか「すべすべ」になるのが判ります。寒くなったら、磐梯熱海共通の源泉を利用した露天風呂に入れば暖まります。

露天風呂もなかなか雰囲気があります。古城風の石造りの露天風呂は、そうですね「天空の城 ラピュタ」に出てきそうな雰囲気だと言えばわかるでしょうか。広くて飽きない造りになっています。施設も充実していて整備された源泉の温泉を楽しむ事が出来る・・・「一力」なかなかやるなぁ。見直しました。m(_ _)m 

食事は、弁当形式の和食。みそ汁は赤だしの本格派。お造りも新鮮で美味いしこの値段では十分?!。磐梯熱海の温泉・・結構頑張っています。

郡山市から車で30分程なので泊まるには近すぎますが、休日の昼食と日帰り温泉を楽しむ・・そんなプランが増えてきたのは嬉しい限りです。

温泉情報: 磐梯熱海温泉 四季彩「一力」
〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海4-161
TEL 024-984-2115
四季彩「一力」のホームページはこちらをご覧下さい。
タグ:ぬる湯 
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 磐梯熱海

磐梯熱海の浅香莊で蕎麦を楽しむ

磐梯熱海温泉「浅香莊」の写真  磐梯熱海温泉「浅香莊」の内湯

磐梯熱海で温泉と蕎麦ランチ

さて、今回は雨の中磐梯熱海から猪苗代方面に日帰り温泉旅に行ってまいりました。

最初に訪ねたのが、磐梯熱海温泉の「浅香莊」。郡山市内から車で30分程の距離にある温泉旅館です。この浅香莊を選んだのは「蕎麦と日帰り温泉のセット」があったから。2000円で温泉と蕎麦を楽しめるのは嬉しいものです。猪苗代地区は蕎麦の栽培にも熱心なので特に蕎麦に期待大です。

旅館は改装したのか施設が比較的新しいので万人向けです。温泉は単純泉で、市営の源泉を利用しているもよう。一部循環しているのはやむを得ないのかもしれませんがこの磐梯温海の温泉は美人湯としても有名なのですべすべ感が良い温泉です。。ホームページでは源泉のままという記述があるのですが温泉表示では、塩素の利用が書いてあるました。どちらが正しいのかは不明ですが、蕎麦と温泉を一緒に楽しめる「浅香莊」は一度トライする価値はあると思います。蕎麦は山菜の天ぷらと一緒にいただいたのですが、なかなかのもの。一度チャレンジする価値はあると思います。まっ、源泉や源泉に拘りをお持ちの方には物足りないかもしれません。日帰り温泉としては近くでキレイで食事も楽しめる・・良いのではないでしょうか。

東北温泉情報: 〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海5-40「浅香莊」
TEL 024-984-3157 /FAX 024-984-0258
磐梯熱海温泉「浅香莊」のホームページ
タグ:美人湯 
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 磐梯熱海

磐梯熱海 旅籠「松柏」は別宅的温泉旅館?!

旅籠で日帰り温泉「松柏」

家族的な心配りと落ち着いたデザインが特徴かな・・

数年前に改装した 旅籠「松柏」はまさに旅籠という感じがピッタリする磐梯熱海の温泉宿です。大型旅館には無い落ち着いた風情がとってもイメージに合うのではないでしょうか。桧の香りと磐梯熱海の「美人湯」と言われるアルカリ泉が心地良い日帰り温泉に最適な温泉です。

宿泊したとき、夜食に御握りを用意してくれました。宴会の後、少々小腹の空いたときだったので心配りがうれしかったなぁ。。感謝>松柏の皆様 m(_ _)m

団体客がどっと入っている時には、手が回らないこともあるのが少々難点でしょうか。まっ、それも家族的なところと寛大な心で許してあげたくなる、なんとなく自分の別宅の様な感じのする旅籠「松柏」なのでした・・・。

意外と穴場も多い立ち寄り入浴

ps:日帰り温泉と言うと、近所に市営の「湯ラックス」という日帰り温泉複合施設があります。家族で入るには良いのでしょうが、私はなんだか落ち着けませんね。ごちゃごちゃ人が多い気がします。少々値段は高くても、ゆっくりしたい方は公共の日帰り温泉施設を避けてこの様な温泉旅館で立ち寄り湯を楽しんでは如何でしょうか。最近では、日帰り入浴客の為のサービスを意識しているところも多いので肩身の狭い思いをすることもなくなりました。高級旅館も日帰り入浴OKの所もありますので意外と穴場だったりしますよ。
東北:温泉情報 磐梯熱海温泉 旅籠「松柏」 〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海5-283 TEL.024-984-2525/FAX.024-984-2908
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 磐梯熱海

磐梯温海温泉 清陵山倶楽部で日帰り温泉する

忘年会や親睦会などを温泉地で過ごすのも良いのですが、勉強会や会議などを温泉地で開くのも・・なかなか「おつなもの」です。会議で硬くなったハートや体を癒してくれますからね。今回は、私も何度か利用したことがある温泉付きのセミナー施設を紹介しましょう。この施設は食事も充実しているので日帰り温泉としての利用もお勧めです。

ゼビオの関連施設

お勧めするのは磐梯熱海の「清陵山倶楽部」。スポーツ用品販売の上場企業「ゼビオ」が運営する温泉施設です。この施設は、セミナールームがあって数十人規模ならば会議や研修会を開催することが出来ます。私の会社でも、予算の検討会や勉強会などに利用しています。泊まり込みで研修するというのは、参加させられる側からすれば嫌なものですが、温泉地ならば少々のことは大丈夫。だって、温泉でストレスを解消しながらの研修ですから・・・(^^;)。

温泉は、もちろん磐梯熱海の温泉を引いていますので本物です(^^;)。磐梯熱海の温泉は、アルカリ単純泉。ちょっと「ヌルっ」とした感じのお湯は「美人湯」といわれるそうな。・・だからといって郡山市内の女性に美人が多いかどうかは議論のあるところですが・・・(^^;)。

温泉に浸かりながら、裸の付き合いをする研修は「本音」で語り合うには最適だと思います。

そうそう、日帰り温泉としても利用できますのでスキー帰りや猪苗代、裏磐梯ドライブの帰り道に温泉で日帰り入浴をするのにもお勧めです。ゼビオ関連施設なので、ホテルの様な清潔感があります。鄙びた温泉宿よりシティホテルの方が好きだという方には最適ではないでしょうか?

東北:日帰り温泉施設: 磐梯温海温泉 清陵山倶楽部
〒963-1309 福島県郡山市熱海町5-18
tel: 024-984-2811
磐梯温海温泉 清陵山倶楽部のホームページはこちら

| 福島 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 磐梯熱海

磐梯熱海温泉「楽山」の食事と日帰り温泉

磐梯熱海温泉は郡山市内から車で20分程で行くことが出来るので、「ちょっと温泉へ」という日帰り温泉には非常に便利な温泉地です。忘年会や色々な会合で使うことも多く、まさに郡山市の奥座敷になっています。

女性客に評判の「楽山」で日帰り入浴

で、この中には色々な温泉宿があるのですが、特徴のある料理を出してくれるのが紹介する「楽山」。以前は、鍋に焼いた石を入れて煮込む鍋料理が売りだったのですが、地元の食材で出来たての料理を出すのはそのままで更に工夫した料理が評判です。よもぎ埜や熱海莊などの高給旅館は敷居が高いという方には最適です。

もっとも、私は一度しか宿泊したことはないので、まずは磐梯熱海の日帰り温泉として利用することをお勧めします。日帰り入浴と食事のセットもあるので(食したことはありませんが・・)、遠方からいらっしゃる方はお試し下さい。

温泉は、「かくれんぼの湯」。まっ、名前の由来は分かりませんが・・。はっきり言って、かくれんぼするほど広い露天風呂ではありません。ただ、岩で作られた温泉に入ると肌がすべすべする感じがします。温泉は、源泉掛け流しとのこと。旅館がキレイで新しいので女性には評判です。 

東北の日帰り温泉情報: 福島県磐梯熱海温泉 「湯のやど楽山」
〒963-1309 福島県郡山市熱海町5丁目39番地
tel.024−984−2325 fax.024−984−2326
タグ:美人湯 
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 磐梯熱海

お忍びの宿・よもぎ埜で日帰り温泉

郡山市内の温泉地 磐梯熱海温泉

郡山市内の温泉磐梯熱海温泉です。もともと「岩代熱海」と読んでいたらしいのですが、駅のアナウンスが「鰯の頭」と聞こえる(訛がひどかったのかもしれないが)というので「磐梯熱海」に変わったらしいです。少なくとも私の子供の頃には、その様な話だった・・ような気がする(笑)。

さて、その磐梯熱海の中で人気の宿の一つが「よもぎ埜」。全室個室タイプで食事も部屋でとれるので、カップルでの利用が多いらしい。なかには、その都度お連れの女性が違うお客様もあるとか(^^)。良くは知りませぬが・・(笑)。高い部屋から予約が埋まるというからその人気は本物です。

この「よもぎ野」の売りは「もてなしの料理」。非常に丁寧に調理された料理は絶品と言えるでしょう。お風呂が少々狭いのが難点ですけど、団体で行く宿ではないので狭いのも風流かなと思ってください。気にしなければ問題は無いでしょう。味にうるさい方にはおすすめです。建物全体のレトロな雰囲気も高級感があり、ウェルカムドリンクなどの心配りも嬉しいかぎり。福島県内でも、人気の宿の一つであることは間違いなさそうです。

近くには、同様の離れ形式の宿がいくつかあるのですが、いずれも人気らしい。部屋数20室前後、部屋付き露天風呂、離れの宿・・これが人気のキーワードなのかもしれません。県内の住人には、ちと敷居が高いもとなしのやど「よもぎの」さんでした。・・・余談ですが、私はてっきり「よもぎ野」だと思いこんでいました。日本語は難しいですね。

タグ:美人湯
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 磐梯熱海

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。