日帰り温泉@福島トップ > 郡山 日帰り温泉

石橋温泉の良さ

よもぎ野と通じる「石橋温泉」

昨日紹介をしたバーデン温泉のとなりにひっそりとあるのが石橋温泉。隣の工場の施設内にあるので見過ごしがちです。今まで、あまり気にも留めなかったのですが月光温泉の休館(大浴場?!)のお湯の豊富さに感激した私としては、見逃すことは出来ません(笑)。さっそく温泉に入ってきましたのでご報告します。

場所は、バーデン温泉のすぐ隣り。工場の売店の様な感じの建物です。人手を掛けないためか、温泉に入浴するにはバーデン温泉で入浴券を買わないといけないのが面倒。中は、広くは無いですが必要にして十分。浴槽は、10人程度が入れる大きさでしょうか。タイル張りで、まっ、清潔感のある普通の温泉です。洗い場の湯口が妙に高くて、洗い桶からお湯がはじくのは困りものですが・・・。

一番の特徴は、温泉のお湯そのものもの。ちょっと薄い緑がかった透明な温泉ですが、浴槽の中に体を沈めていると「ヌルヌル」とした感じがしてきます。鰻の湯とか美人湯と呼ばれる温泉に特徴的な源泉が快適ですね〜。スベスベしてくる感じがあって、温泉入浴後も体が冷えないのも特徴かもしれません。何はともあれ、温泉の源泉はバーデン温泉より「濃い」感じがします。受付のおばさんに聞いたら「バーデン温泉の元湯になっていますから・・」と要領を得ない感じではありますが、源泉に近いのかもしれませんね。

実は、ホテルバーデン、バーデン温泉、石橋温泉の経営者は磐梯熱海温泉で評判の高い温泉旅館「よもぎ野」と一緒。よもぎ野と違って高級感はないものの、庶民が楽しめる温泉を提供しようという意気込みは理解できる・・そんな石橋温泉でした。ご近所に秘湯に負けない源泉があるというのは田舎ならではの良さです。


今でも、バーデン温泉より石橋温泉が好きだというお客もおおいとのこと。なんとなく理解出来る気がします。

郡山の日帰り温泉「バーデン温泉」の野天風呂

バーデン温泉に新設された野天風呂が快適!!

最近、体調がよろしくないので市内近郊の温泉療養を試みている私です。(まっ、療養じゃなくとも温泉に通うのは変わらないのではありますが・・・(笑)) で、そのついでということではないのですが普段行かない温泉や気づかない温泉に心がけて行く良いにしています。

その時に発見したのが今回紹介をするバーデン温泉の屋天風呂です。

そもそも個室を新設するときに一緒に作られたもののようで、一般の温泉から個室を通って行くのでまだ知らない人も多く落ち着いてのんびり温泉を楽しむことが出来ます。 温泉は、木製(桧?)で15人程度は入れるでしょうか。洗い場は5つほど。まだ新しい為か非常に清潔感のあるキレイな温泉です。これで源泉掛け流しと言うのですから市内の日帰り温泉施設としては合格点。いや、今の時点では最高点をあげても良いのではないでしょうか?

個室を借りてゆっくり温泉を楽しむも良し、汗をさっと流す銭湯代わりの温泉も良しです。 もちろん、山間の秘湯には秘湯の良さはありますが、市内にこの様な日帰り温泉施設があり、しかも上質な屋天風呂が楽しめる・・これこそ田舎暮らし(というほど田舎でもないのですが・・)の醍醐味ではないでしょうか。

郡山市内の日帰り温泉を巡る

郡山市内の日帰り温泉施設を味わう

従来からの温泉好きの私ですが、最近体調に異変があり「療養」の意味もあって温泉通いが高じてします。体調変化というのは、顔面神経の麻痺です。最初は「味覚がおかしい」という気がして、次に感じたのは「涙が止まらない」・・変だな? と思って鏡を見たら「片方の眉が下がっている?!」。・・・良く観察すると、まぶた、額、唇の動きがどうも、ままならない。もしかしたら「脳梗塞?」という心配もあり、早速医者に行って診察を受けると、末梢性顔面神経麻痺だとのこと。・・・などいろいろありましたが、温泉は「良さそう」とことで意識して温泉通いを始めたのでありました。

毎日となると、遠出も出来ないので市内の日帰り温泉施設が充実しているのが郡山の良いところです。Wikipediaでも次の様な郡山の日帰り温泉施設が出てきます。

wikipediaの郡山温泉情報はこちら。

この中で、私が良く利用するのは次の3つ。

郡山日帰り温泉施設


この中から、最近発見した「不思議と落ち着く月光温泉」を紹介しましょう。

上記温泉のホームページで紹介されているのは月光温泉クアハイムです。このクアハイムは所謂「健康センター」として作られた「何でもあり」という施設。子供からお年寄りまで多くの人が出入りしています。マッサージを受けたりするには良いのですが、落ち着く感じではありません。

実は、私も最近知ったのですがこのクアハイムの向かいに「大浴場」があるのです。この月光温泉の周辺はモーテル(既に死語になっているかもしれませんが)、が並んでいるのでその一つの様な佇まいで存在しているのが「月光温泉大浴場」なのです。好奇心旺盛な私も早速突入をはかりました。

月光温泉大浴場の印象

入りにくさはあるものの、入ってしまえば一緒。受付のおばちゃんに「向こうとは別なの?」と聞くと「経営は一緒だけど受付は別です」とのこと。要は別料金ということなのでしょう。脱衣所のロッカーは鍵が壊れたままの粗末なもの。まっ、鍵なんていらないかもしれないしね(笑)。風呂は、7〜8人で一杯になりそうな大きさです。まずは、洗い場で体を流して・・と思ったらお湯が出ない。・・・お湯と水の水栓が逆に繋がっているのはご愛敬か。ここまで言うと「ひどい温泉だな〜」と思うのでしょうが、実は温泉そのものはなかなか良いのです。

源泉掛け流しで贅沢に流れ出すお湯が豪快です。お湯はソフトで温泉に浸かっていると肌がスベスベしてきます。なかなか心地よい(笑)。この温泉は、施設の古さや手抜きに目をつぶって「温泉そのものを楽しむ」には良い温泉だと言えるかもしれません。お湯に入って目を瞑ればハッピーになれる・・そんな古き温泉「月光温泉」の大浴場はいかがでしょうか?

この温泉については、何人かのかたがホームページに記録しているので紹介しておきます。

仙台から行く日帰り温泉
温泉観光士の簡単温泉入門講座
hiroの湯めぐり日記
らくだジャーナル 旅と温泉

みなさんの評価もおおむね悪くない様です。施設と温泉のギャップに騙されているのかもしれませんが、素朴な温泉に惹かれる人が多いのも時代のトレンドなのかもしれません。まっ、この温泉を好きという人は多少マニアックかもしれませんが・・・(笑)

郡山市郊外のロハスな「井戸川温泉」

郡山市郊外の日帰り温泉「井戸川温泉」でロハスを楽しむ

さて、今回は困った温泉を紹介しましょう。郡山市の西方の郊外にある井戸川温泉です。何が困るかと言うと、施設も立派じゃないし、温泉そのものも「沸かし」であるし(源泉温度が低い)また露天風呂には昔懐かしい蚊帳の様なネットで覆ってあるし、何も良いところが無い・・・様なのだけど、何故か落ち着きや親しみを感じてしまうので困ってしまうのです。若い女性達にはきっと「受けない」でしょうね。でも、田舎の素朴さや本物志向の方なら少しは理解してもらえるかもしれない不思議な日帰り温泉施設・・それが井戸川温泉なのかもしれません。

郡山市郊外の日帰り温泉「井戸川温泉」の入り口

まずは井戸川温泉の外観写真をご覧下さい。これでも、苦労してキレイに写る様に確度を工夫したのでそこそこに見えますが、まっ、ブリキ屋根の「田舎の普通の家(ボロ屋とは言いませんが・・」。駐車場に車が多いのが不思議なくらいです。入り口に野菜やキノコ、そして「ドジョウ」が並んでいました。このドジョウが元気でペットボトルの中で飛び跳ねる様に泳いでいます。昔子供の頃にドジョウ汁を食べたことはあるのですが、最近では食べることも少ないので「美味しそう」とは思えなかったのが残念でした(笑)。


郡山市郊外の日帰り温泉施設「井戸川温泉」売店の様子

そして、中に入ると休憩室とまた売店が。写真ではわからないかもしれませんが、味ご飯に揚まんじゅう、鯉料理から野菜にキノコなどが並んでいます。そして食堂では「豚汁」等々。どうせ田舎の店だから・・と期待もせずに食べてみるとこれが意外に「いける味」。味ご飯・・・少々塩分が多いけど・・「美味い!!」。豚汁もなかなかの味。いか焼きも食べたけど、どれも美味いのです。高級な料理ではないのですが、田舎の家庭料理ではあっても手作りの本物の味がした・・・と言っておきましょう。だから困ってしまうのです。自分が田舎育ちであることを突きつけられた感じがして・・・(笑)。少々くたびれた休憩施設も「ノンビリとした時間を過ごすと」不思議と落ち着きを感じてしまうのです。

そうそう、肝心の温泉はというと「サラサラとした温泉」です。肌に微粒子の粉が付着した様なスベスベ・サラサラ感が残ります。この温泉に浸かって食堂で食事しながら時を過ごすと自分が自然に帰った様な気がします。最近の流行言葉で言えばロハスでしょうか。こんな田舎の半日を井戸川温泉で過ごすのも良いものです。

東北温泉情報: 郡山市「井戸川温泉」
福島県郡山市逢瀬町多田野字休石35
●TEL●024-957-2173 ●FAX●024-957-2174
泉質: カルシウム・ナトリウム―硫酸塩泉
郡山市郊外の日帰り温泉施設「井戸川温泉」のホームページはこちらです。

月光温泉クアハイムは、実力派の日帰り温泉

今日は、天気が悪いので日帰り温泉地元編を紹介しましょう。・・と思ってブログを読み返してみたら、カテゴリーによって書き込み数にバラツキがあるので読みにくいかもしれないなぁ。ブログの仕組みというのは、ページスクロールが当たり前という仕組みなのでカテゴリー内の書き込み数が増えると読みにくいです。古い書き込みは、最初のページから消えてしまうし・・・。ということでカテゴリーを変更しようとしたら・・再構築が面倒(-_-;)。ブログのシステム全部が良いということでは無い様です。それは、ともかく私の良く行く日帰り温泉を紹介しましょう。

月光温泉クアハイム

この温泉は、近くにラブホがあって温泉なのか? ・・・なのか? と考えてしまったこともある温泉です(^^;)。郡山市内の日帰り温泉施設としては、古い方なので設備的には新しいとは言えませんが、温泉らしい温泉という意味で私が好きな日帰り温泉施設の一つです。

無色透明な温泉ですが、少しすべすべする感じがとても良い感じなのです。磐梯熱海の温泉の様に美人湯? なのかも(^^;)。

1時間500円程度ですから、銭湯感覚で本物の温泉に入る・・・うーむ、東北ならではの贅沢かもしれません。

なお、クアハイムの前に「ラブホが廃れた様な温泉」があって、実はこちらが知る人ぞ知る温泉の穴場なんだとか・・。勇気ある方は挑戦してみては?

宿泊も出来る様ですが、私は日帰り温泉としての認識ですね。宿泊するならバーデンホテルの方がキレイだし安心してすすめられますから・・・。そうそう、ここのマッサージもなかなか上手でした。温泉+マッサージ・・極楽の図式です(^^;)。

【温泉情報】
泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性アルカリ性高温泉
適応症:神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ等
東北:日帰り温泉
 月光温泉クアハイム
 福島県郡山市安積町笹川宇四角坦43−1
 TEL 024−947-1126
月光温泉クアハイムのホームページはこちらをごらんください。

郡山市内「成田温泉」はマッサージが良い〜!!

昨日、久しぶりで郡山市内の成田温泉に行ってきました〜。この温泉・・・ゴルフ練習場からビール園まで併設されているのでとっても便利な温泉なので私のお気に入りの一つです。

少々体が疲れていて、肩こりから頭痛も感じていたので「つぼ押し」マッサージが目当てでした。この成田温泉に入っているマッサージの「リバティ」は、腕の良い(私感ですが・・・)人が多いので私には非常に嬉しい(温泉がなくても行くかも・・)。

この温泉は、単純泉で特にクセもなく(そのかわり特徴も少ないのですが・・・)銭湯代わり手軽に入れるので助かります。私は露天風呂がお気に入り。露天風呂の底に砂利が敷いてあって足裏マッサージ効果もあるのか、不思議と足が軽くなるのが良い。なんとなく気分が爽快になります。

昨日は、肩こりをほぐすために「打たせ湯」で肩を温めてマッサージへ。事前に予約していたので、直ぐに施術してもらいました。いつも言われる「体硬いですね〜。こりゃ、マッサージ師泣かせだわ〜」と言う言葉は誉め言葉と受け止めて(;)、無視して「肩こりと足がだるいのでよろしく」と勝手なことをお願いしてマッサージを受けました。痛い〜けど気持ちいい(;)。非常に乱暴な感じがするのですが、施術後の肩や股関節の動きが良くなるのが不思議です。

温泉と1時間のマッサージで5000円弱の出費でしたが、体の為には仕方ないでしょう。おかげで今日も気分爽快です(^^;)。マッサージを受けるときには、予約してからの方が無難です。足裏マッサージや垢すりもあるので興味のある方はどうぞ!!

東北:日帰り温泉情報: 成田温泉
郡山市安積町成田字車川原27
電話 024-947-2626

三春のラジウム温泉「やわらぎの湯」は全国で評判

三春町の隠れた温泉保養地:やわらぎの湯

私が初めて「やわらぎの湯」の話を聞いたのは東京の友人からでした。癌の末期患者だった彼が「今度、治療の為に郡山の温泉に行くから」と。その温泉というのが、この三春町の「やわらぎの湯」だったのです。結局、彼は間もなく亡くなってしまって再会できなかったのではありますが・・。

そういうことがあってから、さっそく「やわらぎの湯」を訪れてみました。高速の船引(ふねひき)ICから10分ほど。3軒ほどの旅館が並んでいる温泉の中に「やわらぎの湯」はありました。

外観は・・・ただの鄙びた田舎の旅館然としていて、「とうてい人気の温泉とは思えないま」というのが率直な感じでした。ただ、驚いたのは駐車場に県外ナンバーの車が多いこと!!。知らなかった・・地元より県外(というより全国レベル)で人気になっていたのですね。いかりや長介さんも通っていたということも人気になった理由の一つかもしれません。

私は、癌ではありません(人間ドックの結果によれば・・ですが)ので少々引いてしまうところもあるのですが、館内には利用者からの手紙などの掲示があり、「・・・が治った」「良くなった」という感謝の声が多数並んでいます。癌に効く温泉と言えば「玉川温泉」というイメージがあるのですが、この「やわらぎの湯」の方がラジウム含有量は多いのだとか。地元の私などより良く知っている遠方からの入浴客の方が多いのに驚きました。

岩盤浴に入る為に、ゴザを買ったりする必要があるので2000円ほどかかったでしょうか。40分の岩盤浴で汗が噴き出します。これは、「体に良いかも」と思わせる独特の体験でした。こんなところにも人気の秘密があるのかもしれません。

癌に効くかどうかは各自の判断にお任せするとして、温熱療法的な効果はありそうな三春の「やわらぎの湯」体験でした。・・・正直なところ、治療目的で来られて居る方が多いので、単なる日帰り温泉体験入浴の私としては遠慮しながらの入浴となってしまったのでありましたが・・・。

ま、そんな知る人ぞ知る温泉が滝桜で有名な隣町「三春町」にあることを知らなかった自分の不明を恥じた日帰り温泉でした。m(_ _)m

東北:日帰り温泉情報: みちのく 霊泉「やわらぎの湯」
福島県田村郡三春町馬場224
電話 0247-62-2153

大型旅館で日帰り入浴を楽しむ「大川荘」

(livedoor地図)

 会津若松市から車で20分程行ったところにあるのが芦ノ牧温泉。東京からだと須賀川ICから118号線を会津方面に走ると40分程で到着します。

 この温泉街で入り口にあって一番目立っているのが「大川荘」。知っている方がいるかもしれませんが、「産業再生機構」で取り上げられた大型の温泉旅館です。チェックインの時間帯には、三味線の演奏や館内を流れる「せせらぎ」の音で宿泊客を出迎えることでも有名です。

 この「大川荘」・・実は日帰り温泉にも気を配っています。内湯もありますがなんと言ってもお勧めは「空中露天風呂」。大川に着き出した形で断崖に設置された露天風呂は、眺めが最高です。

 温泉は、限りなく透明感のあるサラサラとしたキレイな単純泉。温泉らしく無いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、温泉の温度を下げる為に加水している以外は殆ど天然の掛け流しのお風呂です。依頼すれば、お酒も届けてくれるサービスもあるようなので「小原庄助さん」の気分を味わってみては如何ですか?

 この近くには、昔ながらの宿場町を保存した「大内宿」があります。蕎麦や団子などが味わえますので首都圏の方には大人気。その他、フレンチレストランのシェ・ヤマノベも近くにありますので、お好みのままにどうぞ。下の写真が駐車場からのレストラン。グルメに有名です。




郡山市内の銭湯温泉を楽しむ


 市内の温泉に関する情報提供・・・郡山のいで湯

 車でドライブしながらの日帰り温泉も良いけれど、遠出は苦手という方に好評なのが郡山市街地にある銭湯代わりの温泉が大人気です。

 例えば、バーデン温泉は隣にホテルが併設されているので東京から来る方に好評です。温泉付きホテルですから、それも当然かもしれません。
 成田温泉にはゴルフ練習場が併設されています。ゴルフで汗を流した後で温泉に入り、マッサージを受ける・・・これは東京では味わえない最高の贅沢かもしれません。近くには、温泉がある医療施設などもあるので、郡山に宿泊される方は一度お試し下さい。

 このエリアの地図はこちらをごらんください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。