日帰り温泉@福島トップ > 岳温泉

安達太良山の登山口で日帰り温泉

気軽に立ち寄り湯の安達太良温泉


ルート:郡山→国道4号線→40分(車)
入浴日: 8/26(日) 日帰り温泉(300円) 男女別内湯

安達太良温泉と言えば、一度2月に訪ねた時のことを思い出します。雪の少なかった冬だったのに、その日は何故か大雪。しかも吹雪。道路の端も見えないくらいの大雪の中を「雪の中の日帰り温泉もおつなもの」と信じてはるばる安達太良温泉に行ったのです。そしたら、なんと「改装中」(涙)。仕方なく、近くの花季で蕎麦を食べて別の温泉へ向かったのでありました。。。ま、蕎麦は美味かったのでそれはそれで良かったのではありました。m(_ _)m

外観は普通の一軒宿の安達太良温泉

安達太良温泉の玄関口

外観はなんの変哲もない普通の宿。改装が終わってどうなっているか、一度「振られている」だけに期待が高まります。

宿の前を流れる湧水が良い

道沿いを流れる水路(キレイな水)

宿の前には湧水が流れていてビールなどを冷やしています。キレイな水の流れ、水の音・・そして蝉の声が夏らしさの中に涼しさを感じさせてくれます。水を汲んでいる人が居たのできっと飲めるのでしょう。

窓の外を川が流れる温泉に立ち寄り湯

安達太良温泉

これが安達太良温泉の浴槽です。なんといっても温泉の外は直ぐに川。自然のままの景色とせせらぎの音のハーモニーが快適です。温泉は単純泉なのでしょうか、無色透明な温泉です。石造りの浴槽も清潔で、とってもキレイな温泉です。

私的には、濁り湯の様な個性的な温泉が秘湯らしくて好きなのですが、安達太良登山口の一軒宿「安達太良温泉」・・・岳温泉とは違った雰囲気と温泉を楽しめるので日帰り温泉に向いています。なお、近くにはオートキャンプ場などもあるので家族連れに最適です。

温泉情報: 松川屋那須高原ホテル
住所: 福島県安達郡大玉村玉ノ井字前ケ岳9
電話: Tel.0243-48-2134
日帰り温泉指数: 気楽度:4 女性お勧め度:3 清潔度:3 お勧め: 家族連れでお気軽に
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岳温泉

塩沢スキー場側の温泉「湯川莊」

岳温泉近くの塩沢温泉

さて、そばの里「花季」で昼食をとって向かった日帰り温泉は・・・秘湯(と言っていいのかな?)塩沢温泉。通り過ぎることばかり多かったので私にとっては秘湯の一つです

岳温泉を通り過ぎて国道115号線方面に向かう途中に位置する塩沢温泉。ファミリー向けの塩沢スキー場の側にあります。日帰り入浴の看板が道路沿いに出ていたので、ちょっと立ち寄り湯してまいりました。

この日は、吹雪だったので道路沿いに雪の吹きだまりが出来て運転は慎重にならざるを得ない状態。まさに秘湯ムード満点の雰囲気です。今年は、暖冬で雪道を走る機会が無かったので少々緊張しながらの運転です。雪道を走ること10分程で到着したのが「湯川莊」。

写真をご覧下さい。実は、写真で見るよりはるかに雪深い感じだったのですよ。


雪の塩沢温泉 湯川莊

源泉は、単純泉なのでしょうか。無色透明なお湯。なんと言っても圧巻なのは露天風呂。吹雪の中で時折突風が吹く天気模様の中で露天風呂に入る・・・なかなか良いじゃないですか(笑)。内湯から露天風呂までは、数メートル「雪道」を歩く必要があります。・・・冷たい(笑)。裸足(プラス裸)で20cmの積雪の中を歩くのですから・・・。でも、お湯に浸かれば頬に当たる冷たい風と雪が心地よい。体ほかほか、頭は冷たい・・この対比が露天風呂の醍醐味ではあります。

この湯川莊はネットに情報があまり無いので良いお湯だと断定できませんが、雪の中で楽しむ秘湯の露天風呂としては、なかなかだと思いますよ。スキーのついでに立ち寄り湯というのが良いかもしれません。

そうそう、岳温泉は数キロ上にある黒鉄小屋から惹いた共通の源泉を利用しているのですが、湯川莊の温泉は違う源泉なのでしょうか。全く異なるお湯です

| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岳温泉

岳温泉のホテル光雲閣 繁盛のなぜ?

岳温泉 光雲閣繁盛の何故

繁盛する温泉旅館やホテルには、それぞれ理由があります。

今まで紹介した中では・・・
 ・「よもぎ埜」「熱海莊」・・落ち着いた離れの形式の部屋と食事(カップルに人気)。
 ・「八幡屋」・・サービス業としての徹底した「もてなし」の姿勢。
でも、一方では団体客が減って、少人数の家族やカップルの客が増えているのが今の時代です。団体客を想定した豪華な施設の大型温泉旅館・ホテルは、なかなか厳しい経営が続いている様です。
 そんな中、今回紹介をするこのホテル光雲閣八幡屋さんと並んで、繁盛している温泉ホテルです。

 磐梯高原「ホテル光雲閣」のホームページはこちらです

私には、どうしてこのホテルが繁盛するのかその理由がわからなかったのですが、母親達の話を聞いてなんとなく理由が分かりました。まずは、その宿泊料金です。詳しくはホームページを見てもらいたいのですが、1万円以下で宿泊が出来る。で、どうも団体客の場合さらに割引があるらしく、とにかく安いらしいということが分かりました。地方では、地域で「婦人会」の様なグループで旅行することが多いので、そうした比較的「年配の方々」をターゲットにしているらしい・・と。

さらに、話を聞くと・・・「宿泊料金が安い分、おみやげを一杯買って帰る」のだそうです。で、そのおみやげをもって茶飲み話で温泉ホテルのことを話すので、結果として宿泊客がホテルの宣伝をしてくれることになっている・・というのがどうも繁盛の秘密のようです。比較的高給なホテルでは、老人会などの宿泊をきらう傾向があったのを逆手にとった戦略ですね。

昔、洋服の青山が「1000円スーツ」を販売したときと同じ発想ですね。スーツが安い分、靴下、ワイシャツ、ネクタイを買ってくれるので「使うお金はあまり変わらない」。光雲閣では、宿泊料金が安い分、おみやげを買ってもらうことで顧客を開拓しているということなのだと思います。もちろん、旅館としての努力も当然した上で・・ということだとは思いますが。
 この光雲閣・・実は日帰り温泉としても良い温泉です。岳温泉の離れ、高台にあるこのホテル。日帰り入浴にどうぞ。
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岳温泉

岳温泉を彩る郊外飲食店 ぶぶ屋、空の庭

岳温泉近くのカフェ「ぶぶ屋」の写真。湧き水もあります 現代風の食器に盛られた料理。なかなか美味しい「ぶぶ屋」でした ←岳温泉の近くのカフェ「ぶぶ屋」

岳温泉近くのこだわりの店

最近、ぞくぞくと郊外に美味しい店が・・・

 岳温泉を紹介した次いでに、近くのお店を紹介しましょう。
 私が岳温泉を好きなのは、ドライブルート沿いに美味しいお店が多いからでもあります(岳温泉〜大玉を結ぶルート)。

最初に紹介するのが写真の店「ぶぶ屋」。喫茶店というよりカフェと言った方が良い店です。この店は、オーナー自ら設計をしたと語る自慢の店らしく、洒落た造りになっています。決して広くはないけれど自然と調和した店構えは好感が持てます。コーヒーも美味しいのですが、この店はランチがなかなかGood!! 少々高いのと、家族でやっているのでお客さんが多いと「待たされる」のが難点ではありますが、スローライフの時代にはマッチしているかもしれません。お勧めです。
 ●0243-24-2600
 ●福島県二本松市岳温泉大和41-1「ぶぶ屋」

次にお勧めするのは「空の庭」です。
 多国籍雑貨とレストランとプチホテルが一緒になった店と言えばいいでしょうか。というより、安達太良高原の自然をそのまま取り入れた店という方が適切かもしれません。 この高原の空気を吸いながらの食事もお勧めです。
 詳しくは、こちらのホームページをどうぞ。

次は「パン屋」さん。その名も、やまのパン屋「しゃっぽ」です。手作りの自然素材を活かしたパンや牧場直送の牛乳などが並んでいるのでついつい買いすぎてしまいます。店内の喫茶コーナーでいただくのもお勧めです。
 詳しくは、こちらのホームページをご覧下さい。

最後に紹介するのはアイスクリーム屋さん。岳温泉から塩沢に向かう途中に行列を見たらこの店です、きっと。(^^;)
安達太良高原観光牧場の「ごまアイス」が名物。是非、一度お試し下さい。

最近のトレンド=郊外飲食店

最近、市街地を避けて郊外に喫茶店、ケーキ屋、パン屋、レストランなどを開店する方が多い岳温泉。温泉だけじゃない高原ライフもなかなか楽しいものです。
| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岳温泉

岳温泉の源泉はここにあり くろがね小屋

いよいよ連休スタート!!

こんな時は温泉ドライブよりも・・・

 こんな時は渋滞があるので家でじっとしているのが一番。・・と思ってのんびりしています。で、いままでのブログを読み返して福島県内の温泉で触れていないところは? と考えてみたら・・・岳温泉に触れていなかったことを思い出しました。

この岳温泉は安達太良山(あだたら)登山ルートの山小屋「くろがね小屋」附近から源泉を引いています。数キロに渡って岳温泉の温泉街まで引いているのですから苦労がしのばれます。

くろがね小屋へ向かう

半端な気持ちでは入浴出来ない温泉

スキー場のゴンドラから歩いて1時間半ほどで安達太良山頂上へ到着します。そこから1時間ほど下りながらトレッキングをしてようやく到着するのが県営施設の「くろがね小屋」。登山で少々疲れた体を休めるには格好の場所です。
くろがね小屋の外観写真。疲れた体に最高の温泉 くろがね小屋の内部。レトロな雰囲気がたまりませんね(くろがね小屋の外観と内装)

岳温泉の15軒の旅館全てが、安達太良山と並びそびえる鉄山の南直下、くろがね小屋の付近の豊富な湧泉地帯から湧き出る天然の温泉を引き湯しています。 源泉からおよそ7.8kmの引き湯方式により、お湯は山肌をとうとうと流れ下り、管の中で適度に湯もみされて、肌にやさしい柔らかな湯になって各旅館に届きます。 このお湯が、岳温泉を訪れる人々の心と身体を癒してくれているのです。
 

岳温泉の温泉街の麓には公衆浴場もありますが、日帰り入浴が出来る旅館が多いので、スキーシーズンや登山の時に立ち寄ってはいかがでしょうか。温泉街を散歩するにも格好の場所です。なお、郡山市内より桜の時期が遅いので、まだまだ花見にも良い時期です。

 関連サイト
 ・くろがね小屋はこちらをご覧下さい。
 ・岳温泉についてこちらをどうぞ。。m(_ _)m
 ・岳温泉の公衆浴場はこちらに。。

| 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 岳温泉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。