日帰り温泉@福島トップ > 裏磐梯、喜多方地区

大塩裏磐梯温泉の秘湯「米澤屋」

日本秘湯を守る会「米澤屋」の快適温泉


残雪の檜原湖を覗き見る

今まで何度も日帰り温泉にトライして、むなしく袖にされていた日本秘湯を守る会会員の宿「米澤屋」さんの秘湯の温泉に入る機会を得ましたのでご報告します。

郡山から裏磐梯を抜けて檜原湖を右手に見ながらドライブすること約1時間半(雪の残る快適なドライブルートです)。檜原湖から喜多方方面へ向かう途中の山間にひっそりとあるのが、大塩裏磐梯温泉。そして、温泉街のバス停の真ん前に「米澤屋」さんがあります(米沢屋ではありませんのでご注意ください(笑))。

大塩裏磐梯温泉「米澤屋」

大塩裏磐梯温泉「米澤屋」

秘湯を守る会の提灯が誇らしげです。

今まで、なんどか電話で「お断り」されていたので今回はアポ無しで行ってみました。「ダメなら他の温泉もあるし・・」という気持ちで行ったのが良かったのか、なんとOK!! 3代目湯守のご主人・・ありがとうございました。m(_ _)m

そして、秘湯の肝心の温泉です。(^_^)/

日本秘湯を守る会「米澤屋」さんの温泉

秘湯「米澤屋」の温泉(木のぬくもりが最高)

小さいけれど、ぬくもりを感じる温泉です

全部木製の温泉は、もう快適そのもの。とうとうと流れ出る源泉掛け流しの温泉は贅沢としか言いようがありません。源泉は無色透明ですが、味が独特。こちらの言葉で「しょっぱい」というのですが「塩辛い」温泉です。温泉から出来た塩がフロントに置いてありましたので塩が取れる温泉?! なのでしょうか。でも、温泉に浸かっているとそんな刺激的な感じはありません。実に快適な秘湯の温泉です。 実は、前日に久しぶりのゴルフで体が少々「筋肉痛気味」であったのですが、すっかり疲れを取ることが出来た秘湯「米澤屋」さんでありました。

今まで色々な秘湯の宿を訪ねましたが、これだけ清潔感があって「ゆっくりできる」温泉は数少ないのではないでしょうか。一人でも二人でも家族でも楽しめる秘湯の温泉だと思いました。


温泉情報: 大塩裏磐梯温泉・旅館米澤屋
住所: 〒966-0402 福島県耶麻郡北塩原村字大塩4447
電話: 0241-33-2221
源泉: ナトリウム-塩化物強塩泉 源泉掛け流し
大塩裏磐梯温泉・旅館米澤屋のホームページはこちらです
タグ:山塩

裏磐梯でホテルの日帰り温泉を楽しむ

裏磐梯で休憩入浴に最適なロイヤルホテル

まっ、そんなことを書いては申し訳ないのですが日帰り温泉としてホテルの温泉を使うのも良いものです。大和ハウスグループだったとは知らなかった裏磐梯ロイヤルホテルで昼の温泉に入ってきました。仕事の合間に車を走らせていると道路沿いの看板に「日帰り入浴」とあったのでこれを見逃す私ではありません(笑)。

このホテルはオープン当初に父親の還暦の祝いに利用したことがあります。当時は、高級感漂うホテルだったのですが、今はロビーの子供広場(滑り台など)が設置されてすっかり「家族向け」の雰囲気。その評価は各自の判断にお任せするとして、温泉ブログですから、まずは温泉です。

入浴はタオル付きで1000円。まあ、この規模のホテルですから少々高めでも仕方がないでしょう。内風呂は、特徴が無いので露天風呂について印象を書きますと・・・。まず「広い」のが良いです。岩に寄りかかって温泉に浸かる・・・天然温泉ならではの開放感があります。庭園の緑も心地よいです。残念なのは、循環式で塩素殺菌をしていること。まっ、この規模では仕方がないのでしょうが・・・。それでも、塩素臭さはすくないのでカフェなどの館内施設も充実していることを考えると「昼休み立ち寄り湯」としては最高でした。昼に温泉がどの位の頻度可能かは不明ですが・・(笑)。

このホテルは、五色沼の入り口に位置しているので、五色沼散策に疲れた方やお隣の諸橋美術館で目の保養をした後などに入浴すると疲れが吹っ飛びます。もっと時間があれば白布温泉まで車を飛ばしてしまうのですが・・・。

東北温泉情報 :五色温泉 「裏磐梯ロイヤルホテル」
福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字剣ヶ峯1093-309
TEL:0241-32-3111
裏磐梯ロイヤルホテルのホームページはこちらからどうぞ

湯治場の風情も残る横向温泉の「マウント磐梯」

湯治場だった横向温泉

横向温泉は懐かしい温泉です。幼少の頃、何度かこの温泉に来たことが あります。温泉というより湯治場というのがピッタリする鄙びた温泉宿(当時の話)だった様な記憶がかすかに残っています。温泉につきもののピンポン台が あったなぁ。。。そんな微かな記憶です。

横向温泉「マウント磐梯」の入り口。足湯がある。

実際に行ってみたのが「マウント磐梯」。国道115号線を箕輪スキー場に向かって走り、箕輪のホテルの 直ぐ近くです。福島からだと、土湯トンネルを抜けて直ぐということになります。

マウント磐梯の温泉は露天風呂が いい!!

という感じです。鉄山から引いている温泉だから鉄分が日本一と掲示されていましたが、温泉表示は「単純 泉」。まっ、そんな成分の話はさておいても渓流沿いの露天風呂はとっても良い感じです。新緑の爽やかさと木漏れ日の中の露天風呂。湯口は鉄分の酸化して茶 色に変色しているのも自然な感じがGood!

横向温泉「マウント磐梯」の露天風呂から渓流を望む

お湯の色は透明無色。若干、青色っぽい感じがします。刺激も少なく優し い温泉は誰にでも安心して勧められそうです。私が入ったのは「露天風呂「梵天の湯」でしたが、日によって男女の入れ替えがあるので多様な温泉を楽しみたい 人には最適なマウント磐梯の温泉でした。

なお、マウント磐梯からスカイライン方面に向かうと、幕川温泉、赤湯温泉、野地温泉など秘湯を代表する温泉群へ直ぐなのでドライブルートとしてもお勧めできます。

東北温泉情報: 横向温泉 森の旅亭「マウント磐梯」
福島県耶麻郡猪苗代町横向温泉
TEL 0242-64-3911/FAX 0242-64-2013
横向温泉「マウント磐梯」のホームページはこちらです。

猪苗代の秘湯 押立温泉(おったて)「住吉館」

秘湯の宿住吉館の外観写真 日本秘湯を守る会の提灯

猪苗代からリゾートスキー場への向かう道の途中で発見した温泉を紹介します。以前、ホームページで見たことはあるのですが、日本秘湯を守る会のサイトには記載されていないので疑問に思っていたのが、この押立温泉「住吉館」。外観は至って普通の旅館風(それも多少鄙びたというか・・・(^^;))。

日本秘湯を守る会の提灯

旅館に入って直ぐ目にはいるのが写真の「日本秘湯を守る会」の提灯です。どうして秘湯の会のリストに載っていないのでしょうか。それはともかく、秘湯らしい雰囲気の漂う温泉はなかなかのものです。

住吉館の内湯 林の中の混浴露天風呂

内湯は、温泉がオレンジ色というか黄色い色に染まっています。手に汲むと透明な温泉で湯ノ花が黄色いわけでもなさそうです。温泉成分が少しずつ析出して黄色に染まるのかもしれません。多少塩分を含んだ温泉でした。

混浴露天風呂は林の中

この内湯から下駄に履き替えて林の中に入ると混浴の露天風呂があります。内湯と違って、透明な温泉です。源泉が違うのかもしれません。当日は、あいにくの雨模様だったので楽しむという感じではありませんでしたが、林の中の露天風呂はとっても良い感じです! 混浴だったら最高かもしれません。リゾートスキー場が近いのでスキー帰りに温泉を楽しむのも良いかもしれませんね。

秘湯と言って良いのかどうかはわかりませんが、秘湯の雰囲気漂う温泉でした。猪苗代で観光を楽しんだ後での温泉も最高ですよ。

〒969-3286福島県耶麻郡猪苗代町 押立温泉(おったておんせん)「住吉館」
TEL 02242-65-2221/FAX 02242-65-2224

喜多方 おさらぎの宿は美術館?!




 喜多方 おさらぎの宿

 さて、この宿は少々今までの温泉と違います。
 「温泉」の良さよりも内装を見てください。

 全館漆塗りで埋め尽くされた建物は美術館のようです。
 たまたまご主人と話しをしたところ、案内をしていただきました。廊下の柱や灯り。部屋の調度品など極上の調度品で迎えてくれます。

 温泉の湯質については、、、触れますまい(^^;)。
 ご自分で体感していただれば良いと思います。
 全国の温泉についての問題が出たときに話題になったので・・

 とは言っても。
 日帰り温泉としては高い評価は出来ませんが、宿泊をして喜多方の良さを味わうには良い旅館だと思います。

 

日中温泉の秘湯「ゆもとや」

ダムの麓の秘湯宿「ゆもとや」

喜多方から米沢へ抜ける新しい道路を走ると日中ダムが見えて来ます。そのダムの足下にある一軒宿がここ、日本秘湯を守る会会員の、ひめさゆりの宿ゆもとや」です。ダムの直下にあるのでダムが決壊したら・・・という印象はありますが、秘湯の一軒宿にしては施設は新しい・・「これで秘湯?」それが私の第一印象でした。

日中ダムに水没した「ゆもとや」の版画


写真は館内にある版画を撮影したもの。元々の温泉はダム建設によってダム湖の底に沈んだのだそうです。建物は比較的新しいのに「日本秘湯を守る会会員」である理由がこれで分かりました。 ということなので、写真はホームページにお任せして「版画」に残る昔の旅館の写真を掲載しておきます。

お湯は、少々茶色に濁った様なお湯。私が訪れた時、少々風邪気味だったので露天風呂に入るのは抵抗があったのですが、ゆっくり暖まったら風邪も良くなってしまいました。これも温泉の効果なのか・・・勿論保証できる話ではありませんが。(^^;)

喜多方でラーメンを食べて温泉に入り、米沢で牛肉を食す・・食通にしたら最高の贅沢です。もっとも、中高年の人たちにとってあまり健康的とはいえませんが・・(^^;)。

山形は美味しいものが多いのでついドライブしてしまう・・・困ったものです。


温泉情報: 日中温泉 ゆもとや
住所: 〒966-01 福島県耶麻郡熱塩加納村大字熱塩字大畑29
電話: 0241-36-2266/Fax 0241-36-2267
日中温泉「ゆもとや」のホームページはこちらです

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。